失敗!!
 
9月のお教室のメニューは「おべんとう」。

そこで、息子達のおべんとうで試作!





お魚料理にチャレンジ。

開きになった白身魚に、パセリを入れたマッシュポテトを挟み、元の魚の姿に戻してからフライにする。

パン粉を身にまっとった白身魚はバッチリ!お魚の形。

だが・・・油に入れたとたん、自動ドアが開くように白身魚が開き、中のマッシュポテトが油の中に散っていく・・・・・

あらら、あらら、箸でおさえたが既に遅し、開いた魚は閉じることなく、さらに反り返る。

もうあきらめた。

一応、火が通ったの確認してから、上げる。

う〜ん、普通のフライよりも油っぽい。油に散ったマッシュポテトのせいだろう。

大失敗!

豚肉の竜田揚げは、豚肉に下味をつけてから片栗をつけて揚げる。

今回は揚げてから甘辛いタレにからめ、七味をふってみた。

今日のメインは魚のフライと決めていた。

これが失敗したからと言って他に入れるものもない。

しかも、魚自体大きいので端のほうにひっそりと入れるわけにもいかず、真中に開いた身を閉じて目立たないように入れた。(入れたつもり・・・)



三男が帰ってきて、「今日のおべんとう、やばいよ!油がやばいよ!」と言った。

そりゃそうだよねー と思っていたら。

「あの油の紙みたいのなに?」と・・・

油の紙???

油の紙=豚の竜田揚げ のようだ。

「魚のフライが油っぽかったんじゃないの?」と聞くと、

「魚はうまかった!」と答えた。

えーーーー

おべんとう箱に詰められ、時間が経つと味が変わるのだろうか?

それとも、我が家の息子の味覚がおかしいのだろうか?

う〜ん、おべんとうはおくが深い。




こちらのラディシュ、色も形もかわいいと思い、おべんとうに浅漬けとして入れようとして前の晩から漬け込んだもの。

これまた失敗!

見た目は梅干し、味も渋い。

このラディシュはメインではないので入れるのやめた。



今日もいろいろなお勉強ができました。すべてのことに感謝してごちそうさまでした。








おべんとう - -
<< NEW | TOP | OLD>>