1月のお料理教室

1月のお料理教室

 

2019年のお料理教室がはじまりました。

今年も皆さんと楽しい時間を過ごせるように

食いしん坊アンテナを広く張りながら頑張りたいと思います。

よろしくお願いいたします。

 

1月のお料理教室はキムチを作りながら韓国料理をたのしむ。

 

 

 

キムチつくり

 

韓国では「食は薬なり」と考えられ、「最上の薬は食である」

と言われるほど食を大切にしている。

最上の薬でもある料理には「五味五色」という考えが関わっている。

五味とは甘、辛、酸、苦、塩で、五色とは赤、緑、黄、白、黒。

五味五色すべてが入った料理は特に保養、養生に効能があり、

完成度が高い食べ物だと言われている。

白菜キムチはこの五味五色がそろっている優れた食べ物。

 

今月はキムチパワーをいただきます。

まずは白菜選び。

白菜はふわふわの白菜がキムチに適している。

 

 

白菜は一枚一枚丁寧に塩をして8時間くらい置き、塩漬けにする。

塩漬けした白菜は水洗いして、水気を切る。

塩漬けがとても大切で、塩漬けが出来たらキムチつくりの半分ができたということ。

 

 

薬念(ヤンニョム)を作り塩漬けできた白菜はに塗っていく。

薬念は大根、ねぎ、玉ねぎ、りんご、にんにく、しょうが、

アミの塩辛、イワシエキス、赤唐辛子などたくさんの食材量が入る。

たくさんのうまみが入った薬念をまた一枚ずつ丁寧に塗っていく。

ぜんぶ塗ったら丸めて容器に入れ、あとは美味しく発酵するのを待つ。

美味しくなーれ!

 

キムチつくりをするときにはポッサムという、

塩漬けした白菜またはサニーレタスに、

豚バラの塩ゆでと

薬念または浅漬けのキムチ、

アミの塩辛を包んで食べる料理を食べるそうだ。

 

なのでお教室でもポッサムをいただく。

 

 

 

ポッサムの豚バラの塩ゆでを作った煮汁でわかめスープも作る。

 

 

 

5種類のナムルを作りビビンバに。

今回はトッペキで焼きビビンバに。

コチジャンを添えてナムルがご飯にまとわりつくくらい良く混ぜて

いただく。おこげもおいしい。

 

辛い物を食べると甘いものが欲しくなる。

そこでさつまいものいも天。

白玉粉を入れた天ぷらなのでかりっと揚がる。

 

ちなみにお茶はコーンひげ茶。

利尿作用でむくみを取り、繊維たっぷりで便秘解消。

女性にはとってもうれしいお茶。

 

 

デザートは来月にはバレンタインデーがあるということで

チョコフィナンシェ。

 

 

チョコフィナンシェの中には木いちごジャムを入れる。

チョコと木いちごは相性抜群。

 

 

今日も楽しい時間を過ごせたことに感謝してごちそうさまでした。

 

楽キッチン - -
<< NEW | TOP | OLD>>